胡蝶蘭苗生産


         日本農林水産大臣賞・全国花き品評会金賞等、様々な展覧会で受賞している株式会社モテギ洋蘭園
       そのオリジナル品種は毎年研究開発され、現時点でミディ系30品種と大輪系10品種、計40品種にもなります
     弊社はモテギ 洋蘭園の品種を主に扱っており、厳しく選別された苗を1.7寸~4寸各 サイズへ栽培を行っています
           水苔・バークという2種類の植替え資材を用いて、品種の特性に合わせた栽培方法を選び
            病気に強く根の回りが良い、充実している高品質の苗を提供しています



要望に合わせた規格・成熟度の苗を提供しています


花の数・葉っぱの大きさ・根の張り具合、全てを考慮して
栽培期間、最適な施肥量、水くれのタイミングを決めていきます
胡蝶蘭も人と同じように様々な個性をもちあわせており
ただ単純に機械的な管理を行うのではなく
一株一株の特性を理解し
苗が伸び伸び育つ環境作りを常に心がけ栽培を行っています   






商品一覽 >

 

 

委託生産

実生苗で開花した中から選別を行いバイオ技術を用いてメリクロン苗を生産
ここまでで約2年の期間が必要
そこからフラスコ苗を取り出しプラスチックポットに植替え生育状況に合わせて小苗→中苗→大苗
と各サイズへ鉢上げを行っていく


チリ産水苔・ニュージーランド産バークを使用し、熟練スタッフによる手作業での植替え

毎週行われる水質確認とともに肥料濃度、土壌の環境確認を行う

365日、天候や苗の成長状況に合わせ 一株一株丁寧に水量調節を行いながら管理

健康で高品質な苗を提供するために、定期的な害虫・病原菌への予防対策が重要



常に26-28度の環境に保たれ、
光・湿度もコントロールされた温室内で
要望に合わせた成熟苗を提供
フラスコ出しから出荷の段階までで18か月以上の歳月を要する
細かな管理、丁寧な作業が皆様に喜ばれる胡蝶蘭苗の提供に繋がり
その後の開花へと大きな影響を与える

農業サポート

台湾現地農業関係者の繋がりや、胡蝶蘭栽培の運営してきた経験をもとに



より現場に近い形で相談を受けることができます 



 



台湾では農業が重要な産業の一つであり



台湾の農業人口は約60万人



農産物輸出売上は50億米ドルほどにもなります



 



 



 



近年、海外への輸出が活発で、台湾農産物が世界各地で知られるようになり



特に蘭・マンゴー・枝豆・レタスなどは日本輸出が盛んです



 



弊社はそのグローバル志向な台湾の現場で、2011年より会社設立



台南市政府とも2012年にMOU(簽署合作意向書)を交わしており



産学官が連携を取りあって、業界の更なる発展を目指し取り組んでいます



 



現在に至るまで積み重ねた実績、海外ならではの問題や、その中で培ってきた人脈



日々台湾で様々な体験をしながらを多くの事を学び



今も一歩ずつ前を向いて歩き続けています



 



 



その経験を生かしたサポート



 



・市場調査



・資材購入



・会社設立手配



・現地視察手配



・代理販売・購入



 



お届けできます